結婚相談所にニートでも行っていい

 

Q 27歳のニートの女でも結婚相談所へ登録する意味はあるでしょうか?

仕事も貯金もなくこれまで社会人経験のろくにありません。

友人もほとんどおらず恋愛経験もほぼゼロです。

口下手で愛想も良いとは言いません。

学生時代からひきこもり生活費削ってその間にと生活が続いています。

ただこの丈が不安になって年齢的な武器が活かせる最後のチャンスと思い婚活を始めようかと急に思い立ちました。

もちろん、結婚相談所に行くにはお金儲かるのでとりあえずはバイトをしようと思っています。

 

A 結婚相談所に登録しても今のあなたにあった相手しか紹介されないでしょう。

そもそも相手にもいろいろ条件があるのであなたが所にやってくる話は極端に少なくなります。

それと、結婚することはゴールではないというのも考えておかなければいけません。

他人同士が一つ屋根の下で暮らしていくのにはかなりの努力を必要とします。

長年ニート生活が染み付いてしまっているとその努力すらできなくなっている可能性もあります。

若さは確かに婚活では大きな武器になりますが現状のあなたからすると結婚が出来る出来ないよりも他人との共同生活が可能かどうかそちらを考えるべきじゃないでしょうか。

ただ単に結婚は可能かどうかという質問であれば十分可能性はあると思います。

ただ、あなたの売りが年齢だけだとこの先辛いと思いますよ。

年々歳をとってきた時に完全に魅力がなくなってしまいます。

それよりも他のプラス要素が一つ2つあったほうがあなた自身にも別の魅力が着いて逆に婚活がうまくいく可能性が高くなるのではないでしょうか。

やはりそれなりに社会に出てもまれていないと思わぬところに落とし穴があります。

相手やその家族との会話の中で普通に振る舞えないなど。

経験がある所ならなんでもないことでもやり慣れていないとひどく難しく感じます。

それだったら逆に就職婚活の順番で進めた方はうまくいきやすいのでは?とも思います。

これは別に家庭内のことだけではなく例えば専業主婦になった場合のご近所づきあいなども含まれます。

奥さんが降りてしまっては旦那さんも地域で肩身の狭い思いをすることになります。

ただ婚活するにせよ、就職活動するにせよ表に出て動き出すことはプラスに働くことだけは間違いありません。

 

 

Q 彼氏と別れて1年経つ27歳の女です。

現在無職で実家暮らしです。

現在悩んでいるのは結婚相談所に登録して本格的に婚活を始めるかそれとも一人暮らしを始めて普通に付き合う彼氏を探すかです。

年齢的なこと考えるとどうしても付き合いは結婚を意識せざるを得ないのですがそれでもやはり婚活よりは彼氏を探した方が結婚への近道なのでしょうか?

前付き合っていた時には一人暮らしの彼のところに通っていたのでなんとなく結婚した場合の生活がイメージしやすかったです。

今の私の実家暮らしではそれは叶わず、やはり一人暮らしを始めて彼氏を探した方が結婚しやすいような気もします。

ですが、それよりもストレートに結婚相談所に登録したほうが無難でしょうか。

 

A 一人暮らしをした方が彼氏ができやすいと思ってるようですがそんなことはありませんよ。

別に実家暮らしの女性でも結婚している人はたくさんいます。

私の友人でも結婚当時に親元にいた人は家族がいました。

一人暮らしをして通い妻のようなことするのは一見よさそうに見えますがなんとなくだらだらと付き合いだけが続いて結婚しないというケースが意外にあるものです。

それよりも就職しても自分で稼ぐようになって親元にながら結婚資金を貯める方がより有意義だと思います。

なんとなく結婚相手を探すための一人暮らしというのは無意味でしょう。

また、結婚相談所に登録する場合は最初の3ヶ月が勝負と言われています。

序盤ほど申し込みが多く時が経つにつれてどんどん少なくなっていくそうです。

1年以上在籍しているのはほぼ無意味だという人もいました。

ただ相談所によって対応に大きな違いがあるので1度行ってみるのはいいと思います。

少なくともネット上の怪しげなところで探すよりは身元がはっきりしている分いくらかは安心でしょう。

私個人としては年齢的にまだまだ余裕がありそうなので無理な一人暮らしや結婚相談所への登録はやめて、自然の生活で趣味の合う相手と出会うのを待った方がより良い縁にめぐり合うような気がします。

 

 

Q 結婚相談所に登録した男です。

実際に参加してみてわかったのですがこういう結婚相談所に登録している男性は年収でかなりふるいにかけられて正規雇用400万以上が当たり前です。

中にはとんでもない高収入の男性もいます。

それに対して女性は契約社員派遣社員は当然ででパートや家事手伝い中には完全にニートの人まで登録しています。

単純に収入だけ比較すると半分以下です。女性の方は学歴や収入でふるいにかけられることはほとんどないようです。

女性にも厳しい制限をかけろとは言いませんがもう少しハードルを高くしてもいおな気がするのですがどうなんでしょう?

 

A そもそも美人で堅い職業に就いている人なら自力で結婚相手を見つけてしまいます。

まず相談所に来ることはないでしょう。

そして男性側にも言い分はあるでしょうが女性の方でも何かと条件を突きつけられているものです。

最初は無茶苦茶な高い理想を掲げている人でも全くカップルが成立せずにどんどん条件を下げざるを得なくなっています。

入ってみれば厳しい現実を突きつけられているわけです。

年齢や容姿収入などどこを取ったとしても男女ともにモテモテの人は結婚相談所には来ないでしょう。

ただ、モテない人が必ずしも自分にとって悪い条件というわけではありません。

逆に言うとモテモテでも結婚できない人はたくさんいるわけです。

言い換えると、受身の人ばかりが集まってると言ってもいいかもしれません。

世間の持てる人でも案外マメにアプローチしてるものです。

何もせずに異性が寄ってくる人など数百人に1人しかいませんよ。

結婚相談所だけに出会いを求めるのではなく日常のその他のチャンスの伸ばさないように意識を変えることは結婚への近道だと思います。

趣味の集まりなど積極的に参加してみてはいかがでしょうか?

 

 

Q 結婚相談所に入ることを勧められている32歳の女です。

1年前まで看護師として働いていましたが激務が続いてうつ病になってしまい退職しました。

仕事辞めてからしばらくは部屋に閉じこもっていましたが通院を続けて少しずつ改善してきたので、最近では料理教室に通ったり遊びに出るぐらいは問題なくなっています。

主治医とも相談して来月からはパート程度ではありますが、再び勤めに出ようと考えています。

年齢的にも結婚するチャンスは少なくなっているので相談所に登録することは悪くないと思うのですが、私自身は就職してからの方が条件的にもいいと思っています。

しかし、無職であることよりも年齢の方がマイナスになりかねない。

少しでも早い方がいいと言われて迷っています。

実際のところ、結婚相談所に無職で登録した女性が声をかけられることなどあるのでしょうか?

完全な無職状態とパート程度とはいえ働いている女性に条件的な差はないのでしょうか?

 

A まず一つ言えるのは無職といってもあなたの場合は資格もあるし、1年前までの職歴もあるので大きなマイナスにはならないということです。

女性の場合、収入よりもニート状態で社会常識がない人の方がマイナス視されます。

ただ気になるのは病気が完全に治っていないことです。

これは婚活にはやはり不利な条件でしょう。

さらに年齢的にもあまり有利な状況とは言えません。

ただ絶対にダメというほどの条件でもないと思います。

早い方がいいというのは現実的で、やはり出産のことなど考えると婚活と就職を同時進行で進めるべきじゃないでしょうか。

ただ、ちゃんとした結婚相談所に登録するにはそれなりにお金がかかるのでその意味でも早めの就職が肝心なります。

こればっかりは病状にもよるので他人からは何とも言えないのですが。

結婚の条件として、健康であることもかなり大きな要素です。

 

Q&A
ニート女でも結婚できれば素晴らしい